This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【19卒内定者紹介Vol.8】「世の中にきっかけを産み出したい」後天性フッ軽ガールの変化

#「フッ軽="フットワークが軽い"の略」って知ってた?

2年前にこの単語を初めて聞き、非常にびっくりした松儀です。
みなさんはフッ軽ですか?私は休日は家でごろごろと腰が重くなってしまうフッ重です。

さて、揚羽では内定者インターンとして、内定者の間に1週間程度、揚羽で業務体験を行います。
今回は、来年揚羽に入社予定の内定者、吉川夕葉さんにお話を聞いてみました!

吉川夕葉(Yuha Yoshikawa)
川崎市出身。上智大学総合グローバル学部卒業予定。
留学生交流イベントサークルに所属。ネパール・ベトナムでスタディツアーを作成。
ITベンチャーでの長期インターンも経験した。
趣味はSUP・旅行。海外には通算23回行ったことがある。
7歳の頃から肉・魚・卵・乳製品等を食べないビーガン生活を送っている。

ー内定者インターンお疲れ様でした! 一週間の内定者インターン、どうでしたか?

そうですね。営業同行をさせていただいた先での先輩の姿がとても印象に残っています。
お客様が求めている人物像について、様々な方向性から質問を通して整理していき、最終的にはお客様自身が気づいていなかった像の言語化ができていて凄いなと思いました!

全体的にはお客様との関係性の重要性を体感し、初めて知る情報量の多さにびっくりした5日間でした。
具体的な仕事のイメージを掴む良い機会で、ますます揚羽に入るのが楽しみになりましたね!

ーポジティブな印象を持っていただいたようで何よりです!

はい!
ただ、久しぶりに袖を通したスーツがパンパンすぎてショックを受けたので、インターン期間中の土日を使ってジムに入会してきました!(笑)

ーすごい行動力!(笑)
 海外に通算23回行くなど、吉川さんはいつもフッ軽ですよね。

ありがとうございます。
いつも興味があることや人には全力で飛びついて、いつでもどこまでも追いかけるようにしています。
最近はネパールでのプロジェクト参加を実施3日前に決めて飛んできました!

ー実施3日前!小さい頃から行動量は多いタイプだったんですか?

いえ、実は高校時代まで、友達と遊ぶことはほとんど無かったんですよね。
高校3年生のときには1日の会話が5言以内なんてこともざらでした…(笑)

ー5言以内ってすごいですね!
 どういう転換点が今の吉川さんを作っていったんでしょう?


「変わろう」と思ったきっかけが二つあるんですよね。
まず、大学進学で進路を考えるタイミング。
進学で悩んでいるときに、「結局、自分の人生は誰も決めてくれないし、責任も取ってくれない。行動するのは自分だ」ということに気がついたんです。
自分の人生だから、自分が生きたいように生きていかなければいけない、とこの時に決意しました。

もう一つは、主体性を持つことの楽しさに気がついたことですね!

ー「主体性を持つ楽しさ」ですか。

はい。高校最後の文化祭で、はじめて出展に参加したんです。
今までは陰キャだし、一緒にやるような友達もいないし…と思って中高5年間参加したことがなかったんですけど(笑)
でも、高校時代は2度と来ないし、このままだと青春の思い出が何もない!と思って、恥をしのんで有志のダンス演目にいれてもらったんです。
普段はほとんど口を開かない陰キャが高校の文化祭でgleeのダンスの舞台に立つ…想像を絶する勇気が必要でした!

でも、この経験で、なにごとも参加者よりも運営側のほうが濃い思い出が作れるし密に関われるんだなと気がついて、それ以降は積極的に運営に回るようにしています。

ーへえ…!人生の大転換期だったんですね!
 そこからの大学生活はどう過ごしていたんですか?


高校での最後の経験から、私の大学でのテーマは「青春」になりました。
大学では誘われた遊びやプロジェクトは「YES」の1択、全て参加するルールを自分に課しましたね。
必然的に出会う人の母数が多くなり、どんどん自分の世界が広がっていくのを感じました。
「新しい人と出会う、知らないことを知る」
この感覚がとても楽しくて、会社選びの軸にも通じています。

ー人との出会いや知的好奇心を得られる、素敵な成長機会だったんですね。

ー就活はどうやって進めていたんですか?

明確な軸として常に持っていたのは、幅広い業界と関われること・スピード感のある仕事・社員さんに熱量があることの3つですね。
好奇心が旺盛なので、幅広い業界と深く関われることはマストでした。
また、業界で言うと広告業界に興味をもち、最終的にはPR業界に絞って就活をしていましたね。

ーなるほど。なぜ広告・PR業界を見ていたんですか?

目に見える成果物がほしかったこともありますし、「この世の中にはすばらしいサービスや商品、会社があって、そんな価値のあるものをいろんな人に知ってもらいたい」という想いもありました。

私は大学1年生からスタディツアーを運営してきたのですが、サービスの作り手って使う人のことを本当に想って取り組んでいるんだな、と自分が作る側になって気がついたんですよね。
ツアー運営の中で、参加した人がツアーをきっかけに長期留学にチャレンジしたり、インターンをはじめたり・・・。
「ツアーのおかげで次に踏み出す一歩を見つけられた」という声を聞くことが私を動かすモチベーションになっていました。
どれだけ準備が大変でもツアー作りを続けられたのは、自分の仕事が誰かの未来のきっかけに繋がるかもれない、と思っていたからです。

しかし同時に、いくら想いがこもっていても「知って」もらえないと使ってもらえない、届けたい人に届かないことも痛感しました。

ーどんなに良いサービスでも知らなければ出会うことはできない。

そうです。なので「知ってもらう」のは、何においても外せない重要なポイントですよね。
この部分についての専門性があったら、何においても応用できると思うんです。
そこから世の中の想いがこもったサービスの「知って、選んでもらう」フェーズ、言い換えれば「きっかけ作り」に関わりたいと思うようになりました。
会社の規模感としては、100人以内のベンチャー企業を中心に見ていました。事業内容も社員さんも、すべて自分の目で見れる範囲内におきたかったからです。

ー「きっかけ作り」ができるベンチャーの中から探していたということですね。
 では、そこからなぜ揚羽を選んだんでしょう?

実は、内定者懇親会の前日まで、急成長しているWEB広告専門のベンチャー企業と揚羽の2社で迷っていました。
どちらの会社でも、何度も面談を組んでたくさんの社員さんに会わせていただいたり、1日インターンをお願いしたりと、納得のいく選択ができるよう手を尽くして悩みぬきました。
でも最終的には原点に立ち返って、もう一度自分の素直な気持ちに向き合い、3つの理由で内定先を揚羽に決めました。

ーどんな理由だったんですか?

まず、一番の決め手は「人」です。
揚羽の社員さんは内面的に素敵で、周りの人に対して暖かい人、夢や熱量をもって働いている人が多い印象を受けていて、ここで一緒に働きたいな、と感じるポイントも多かったです。

もうひとつの決め手は「わくわくするかどうか」です。
これまでの人生を改めて振り返ったときに、常に意思決定の軸に「わくわく」がありました。
揚羽の事業内容は本当に幅広く、話を聞くだけではよく分からない部分もあるかと思いますが、私は未知であればあるほどわくわくする変態タイプなので、より興味をそそられました。
さらにお会いした社員さん、皆さん口をそろえて「なんでもできるよ」とおっしゃっていたのもとても印象的で、私にぴったりだと思いました。

あと会社選びの最後かつ重要な要素として、
「美女がいるか」は会社訪問で絶対にチェックしていました(笑)

ー「美女がいるか」!前もそんなことを言っていた内定者がいたような…。
 なぜそのチェックポイントなんですか?(笑)


もともと美女好きで癒しになるのはもちろんですが、「美女」って意識が高くないとなれないと思うんですよね。
身だしなみや所作に気を使える、気遣いのできる人は、仕事相手に気を使えたり、細かい視点や客観的な視点をもっていたりと、社会人としてのスキルに通ずる部分もあるのではないかと思っています。 そういった意味で、社内に美女がいることも裏の軸においていました。

ー確かに・・・美女でいるためには努力が必要だということですね!(もっと頑張らなきゃ)

ーさて、最後に吉川さんの揚羽に入ってからの意気込みを教えてください!

揚羽では、まずは「なんでもできる人」になりたいです。
そして最終的には「吉川と一緒にこの仕事をやりたい」といわれる存在になりたいと思っています。

よくばりな性格なので、全てのことをさわりだけでも知っていたいし経験したい、ほかの人ができることは自分もできるようになりたいとつい思ってしまいます。
職種も公私も、枠にとらわれずに目の前にあることに全力で挑戦していきたいです。

ーなるほど。なんでもチャレンジしていきたいということですね。
 もっと具体的にこれがやりたい!とかってありますか?

そうですね、具体的な内容で言うと「オンライン×オフラインに携わりたい」と思っています。
webやグラフィックが個人的に好きで、町で買い物をしているときもついつい商品説明のパンフレットを持って帰ってしまうほどなので、制作にもしっかり関わっていきたいなと。

あと、これは余談なんですが、私がやりたい「誰かのきっかけを創りだす」ことって、揚羽の企業理念の「未来の一歩を創り出す」にめちゃめちゃ似てるんですよね。
最終面接に進む段階で知ったのですが、私の心の中のキーワードと偶然リンクしていたので、とても驚きました(笑)

ー本当ですね!
 4月から揚羽の仕事を通して、たくさんの未来の一歩を創りだしていけるように頑張りましょう!

頑張ります!

一日5言以内しか喋らなかった大人しめの女の子が、主役意識を持つことの楽しさを知り、フッ軽ガールになる。
こんな変化があるから人生は面白いですね!

▼吉川さんと同じ営業プロデューサー職の求人はこちら

Sales
営業募集!既成商品の切り売りではなく、企業の魅力を共に紐解きブランドを作る
 株式会社揚羽は「採用ブランディング」「インナー・アウターブランディング」「マーケティング・コミュニケーション」など企業のあらゆる組織課題を解決するクリエイティブ・プロダクションです。  現在110名弱、ここ5年毎年安定的に右肩上がりの成長を続けています。 弊社が担当している仕事事例です。 ※一部抜粋になります。 ------------------------------------------- ◆事例紹介 ⇒ https://www.ageha.tv/works/ ◆映像 ・企業紹介映像「We are player」 シンプレクス株式会社 ⇒ https://www.ageha.tv/works/simplex/ ・採用映像「TEAM YANMAR」 ヤンマー株式会社 ⇒ https://www.ageha.tv/works/yanmar/ ・採用映像「仕事を遊ぼう」 株式会社コロプラ ⇒ https://www.ageha.tv/works/colopl/ ◆WEB ・コーポレートサイト 住友商事ケミカル株式会社 ⇒ https://www.ageha.tv/works/sc-chem/ ・採用Webサイト「一生ものに、懸ける。」 三菱地所レジデンス株式会社 ⇒ https://www.ageha.tv/works/mitsubishijisho/ ・採用Webサイト「新世代吉野家」 株式会社吉野家 ⇒ https://www.ageha.tv/works/yoshinoya/ ・採用Webサイト / パンフレット / 社員紹介映像「挑め。何度でも。」 双日株式会社 ⇒ https://www.ageha.tv/works/sojitz/ ◆グラフィック ・採用Webサイト / パンフレット「新しいの、素になる。」 三井金属鉱業株式会社 ⇒ https://www.ageha.tv/works/mitsuikinzoku/ ・採用パンフレット「3 EYES , 24 SPIRITS」 株式会社ベルシステム24 ⇒ https://www.ageha.tv/works/belsystem/ ・早期パンフレット「化ける、昭和電工」 昭和電工株式会社 ⇒ https://www.ageha.tv/works/showa/ -------------------------------------------
株式会社揚羽

▼前回の内定者紹介はこちら

株式会社揚羽's job postings
Anonymous
14ed1b01 b1da 4000 931f 442e4ea2201d?1557340318
96f4fd05 2cbc 41d7 9886 5c445ae2d875?1545054244
193771 111415495603909 5404279 o
60d1e46c e330 4a80 9e01 10cb0d34e240
Anonymous
7 Likes
Anonymous
14ed1b01 b1da 4000 931f 442e4ea2201d?1557340318
96f4fd05 2cbc 41d7 9886 5c445ae2d875?1545054244
193771 111415495603909 5404279 o
60d1e46c e330 4a80 9e01 10cb0d34e240
Anonymous
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon