This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【クルーインタビュー】「自分の仕事がアドリムの未来に貢献できたら」 “ドラマの世界の話”だった企業の縁の下の力持ちへ

今回は、クルーインタビューをお届けします。
現在大学4年生の遠藤さんはSEの卵。でもアドリムでの仕事内容はシステム作りではなく…?
丁寧な仕事ぶりに全アドリムメンバーが信頼を寄せるインタビューをどうぞご覧ください!

【プロフィール】
名前:遠藤 弥季(専修大学 ネットワーク情報学部4年)
所属:株式会社ADrim 管理部クルー

一緒に働きたくてスカウトを送った人から返信が来た時は一番嬉しい瞬間です

アドリムに入った理由
今大学4年生なのですが、3年生までは大学の授業が忙しかったので夕方から深夜までスーパーで働いていました。4年生になって、授業もひと段落つき、昼間に時間ができたのでオフィスワークをやってみたいと思いアドリムに応募しました。いくつか面接に行きましたが、オフィスの雰囲気や、与えてもらえる裁量、服装や髪型の自由度の高さがいいなと思ってアドリムに決めました。

また、経理、人事、総務など細かく分かれて募集している会社が多かったのですが、バックオフィス全般の仕事だったのも決め手の1つです。私にとって会社というとドラマでしか見たことのない世界だったので、企業というものがどのように成り立っているのかを知りたいという思いが、アドリムならば叶えられると思いました。

現在の仕事と仕事のやりがい
主な仕事内容は採用と経理のサポートです。

採用では求職者の方と連絡を取ったり、スカウトメールを送ったり、面接日程の調整などをサポートしています。経理では請求書の情報をまとめてデータを入力したり、営業さんたちに請求書を作成するための資料をまとめてもらうための声かけをしたりといった業務を行っています。

やりがいを感じる瞬間は、自分が「ぜひアドリムで働いて欲しい」と思ってスカウトを送った人から返信が来た時、そしてアドリムのメンバーになってくれることが決まった時です。
今度私がスカウトを送った方が入社することになったので、入社までにできるフォローはしっかりとやって、素敵なアドリム生活のスタートを切ってほしいと思っています。


より良き「未来」のために私が「今」できること、入社して考えるように

自分にとっての仕事とは?アドリムで変わったことはある?
今までスーパーのバイトしかしたことがなかったので、決められたマニュアル通りにレジを打ち、お客様から「ありがとう」を言っていただけるように正確で丁寧に仕事をする、それが私にとっての仕事でした。「今」この瞬間に何ができるかという認識だったなと思います。

それがアドリムに入って、未来のことをすごく考えるようになりました。経理の業務でも、データ入力のフォーマット作成からやらせてもらえるので、将来運用していく上でどうしたら業務がやりやすいか、といったことを考えないといけなくて。採用の仕事でも、私は未来の社員かもしれない求職者の方々が初めて接するアドリムの人間になるんだと思うと身が引き締まります。

今この瞬間を言われた通り、決められた通りにだけやるのではなく、より良い未来のために今自分ができることは何かを考えながら取り組むことで、自分のやっていることが未来のアドリムに良い影響を与えられたらと思って仕事をするようになりました。そういった意識の変化がアドリムで一番自分が変わったことですね。


「多くの人が使いやすいシステムを作って普及させることが目標です」

将来のビジョンとアドリムのインターンで成し遂げたいこと
私は就職先が決まっていて、春からはSEとして働くことになっています。

今、タブレットやスマホだけでなく、どんどん色んなツールが発表されていて、どんどん便利な社会になっていると思います。でも、使う人のレベルが追い付いていないと感じることがとても多いんです。しかも、それが老若男女を問わず、使いこなせていない人と使いこなせている人の差がどんどん広がっているように感じていて。
なので、システムを開発していく人間として、開発する時から誰もが使いやすいツールを作るだけでなく、使いこなし方を多くの人に普及していく方法も提案できるようになりたいと思っています。

そういった人間になるため、アドリムでは引き続き「これから先」を意識した仕事をしていきたいと思っています。私が就職した後の後任の人や、今一緒に仕事をしている加賀谷さんが使いやすいと思ってくれるようなものを作っていきたいです。

趣味やオフの過ごし方
漫画やアニメが好きなので、色々読んだり観ています。好きな漫画は「進撃の巨人」や「宝石の国」です。特に宝石の国の作者の市川春子さんは新人賞を取った作品から大好きで読んでいるので、今も続きを楽しみにしています。漫画もアニメも様々な世界観があるので、その世界に浸れるのが幸せです。

株式会社ADrim's job postings

Weekly ranking

Show other rankings