This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

私たちアディッシュ株式会社は「つながりを常によろこびに」というミッションを掲げております。インターネット上でつながるからこそ生まれてくる様々な課題を解決することで、社会へ貢献する事業を展開しています。 【1】ソーシャルアプリサポート ……SNSやソーシャルゲームといったソーシャルアプリを利用しているお客様からのお問い合わせを、クライアント企業に代わって対応するカスタマーサポートサービスです。 お客様からのご意見・ご要望のほか、クレームや誹謗中傷、他社比較も入れた上での改善点など、企業とお客様の間に立っているからこそできるリアルなコミュニケーションの価値を提供しています。 【2】モニタリング ……24時間365日体制の自社運用センターにて、ソーシャルメディア上の投稿を目視でチェックするモニタリング(監視)サービスです。 ソーシャルメディアを「利用する人、運営する人、利用しない人」それぞれにとって、最もよい状態を実現できることを理想としてサービスを提供しています。 【3】スクールガーディアン ……学校非公式サイトのモニタリングをはじめ、インターネットでの個人情報流出やネットいじめへの対策、いじめ通報アプリ、ソーシャルメディアの活用について学校関係者をサポートするサービスです。 これまで1000以上のサイト/アプリの運用・カスタマーサポートを提供してきたアディッシュの強みや経験を活かした事業を展開しており、他にもチャットボットツールの提供や、SNSの運用サポート・WEB接客なども手掛けています。

Why we do

Mission【Delight in Every Connection / つながりを常によろこびに】 多様化するコミュニケーションサービスやソーシャルメディアは、情報の時代といわれる現在において、多くの新しい価値を生んでいます。 しかし、ときに、新たなコミュニケーション手段によってもたらされた「つながり」が、今までにない問題を生み、それが大きな社会問題に発展することも。 そのような、「つながり」によって生じる新たな課題の解決に貢献することで、私たちは、「つながり」が「よろこび」であり続けられる世の中に資する存在でありたいと考えています。 Vision【As in Your hometown / 情報社会をあなたの居場所に】 私たちは情報の分野で生まれる課題や不合理を解消していくことで、溢れる情報に左右されることなく、個人がインターネットを安心して使える社会を実現していきます。 Standard 私たちアディッシュ株式会社のメンバーは、一人ひとりが以下を踏まえて考え、行動しています。 - 目的を頭の中に、責任を心の中に - 自分もプロ、相手もプロ - 信頼感とは、大事にした小さな約束の積み重ね - 勇気は、慎重さによって完成する - 前に向かうために、後ろを向こう

How we do

アディッシュは「一人ひとりが事業を築くメンバーであり、一人ひとりが事業に営業を与える人たちでありたい」そのために、経営会議の議事録が公開されています。 また、仕事の進め方を大事にしており、「職能タスク」と「事業タスク」という考え方を持ち業務を進めています。 「職能タスク」とは、それぞれの職務において発揮を期待される、日々の専門業務を指します。一方、「事業タスク」とは、未来のありたい姿を実現するために自ら発案し、今やっておくべき改善と改革のことを指します。 QCP(Quartery Coaching Program)制度と呼ばれる、クォーターごとに実施される上長との目標のすり合わせ・フィードバックや、週一のレビューを通して進めています。