1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

サイマス
トレトイ
①キャラクタータレント事務所「Simple Side Mascots(シンプル サイド マスコッツ)」 https://simplesidemascots.com/ コンセプト:明日の楽しみをつくる シンプル サイド マスコッツ。通称「サイマス」は、日本トップキャラクターになることを夢見たマスコットキャラクターたちが所属するタレント事務所です。キャラクターたちはオーディションを経て事務所への入所が決まり、メジャーデビューを目指して事務所とキャラが協力して活動します。 ②キャラクター雑貨ブランド「tretoy(トレトイ)」 https://www.instagram.com/tretoy_all コンセプト:ぜんぶかわいい トレトイは海外で人気のデザイナーズトイを中心に扱うキャラクター雑貨屋さんです。「かわいい×癒やし」の融合を大事にしています。デザイナーズトイはデザイナーさんやアーティストさんが作ったフィギュアやぬいぐるみのことで、そのデザイン性の高さからアートトイとも呼ばれています。 ③キャラクターカルチャーメディア「tretoy magazin(トレトイマガジン)」 https://tretoymagazine.com/ トレトイマガジンはWEBメディアを通して、世界中の素敵なキャラクターたちを紹介し、キャラの魅力を広められたらとの思いで始まりました。具体的には、キャラクター紹介の記事や、イラストレーターさんへのインタビュー記事、かわいい雑貨の記事などを執筆しております。 メディア掲載実績: アダビト、デザイナーズトイで日本市場開拓へ:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66704300X21C20A1XY0000/ デザイナーズトイ・ブランド「tretoy(トレトイ)」運営、プレシリーズAで数千万円を調達——F Ventures、iFundから https://thebridge.jp/2020/11/adavito-pre-series-a-round-funding キャラクター雑貨ブランド「tretoy」運営のアダビトがプレシリーズAラウンドで数千万円調達 – TechCrunch Japan https://jp.techcrunch.com/2020/11/26/adavito-tretoy/

Why we do

ビジョンの文字をそのまま画像にしたやつ
ビジョン「これからの自分にワクワクできる世の中をつくる」 ミッション「明日の楽しみをつくる」 アダビトの創業のきっかけを一言で表現するのであれば 「世の中を今より良くするためには何が必要なのかを考え、実行に移そうと思ったから」 と表現できます。(クソ青臭くてきもい!!!でも本当です!) 私たちが考えて考えて、ひとつ「これだ」と思ったのが、「これからの自分にワクワクできること」こそが人の生きる支えになるのではないかということでした。 「これからの自分にワクワクできる世の中」というのはひとりひとりが自分自身の未来に期待し心を踊らすことのできる仕組みがある世の中という意味です。 そして、その仕組みを実現する方法論を具体的に示すなら、下に書いている4つに大きく分けることができるのではないかと考えます。 1.大切な人(家族・友人・恋人など)の存在 2.自分と大切な人の健康 3.必要最低限のお金(と交換できる価値) 4.人生の多層な目的(成し遂げたいこと・やりたいこと・楽しみな予定・ご褒美など) 人、健康、お金(価値)、目的...これらがスムーズに個々人に提供できるようなプロダクト、ひいては事業を形にすることが「世の中を良くすること」だと考えています。 このピースを埋めるために、まずは目的から取り組んでいて、キャラクター事業で明日の楽しみをつくろうと考えています。(こんなお堅いことをつらつらと書いてしまっていますが、普通に創業者がキャラ好きっていうのも大きいです!!!!)

How we do

(右)代表の後藤 (左)取締役の池野
「明日の楽しみつくる」ようなひとりひとりに寄り添ったキャラクターを生み出すためには、大切な観点がいくつかあると考えています。弊社ではそれらをバリューとして定めています。 ①外れ値をつくる 「ないがち」なことをやる。1.1倍ではなく10倍良くすることを目指すアクションを取ること。 ②巻き込み上手 仲間や周囲や世間を巻き込み、話題になり注目を集め続けるアクションを取ること。 ③科学的である まず実験的にとりあえず数多くやってみること。現象を測定可能な状態にすること。因果関係を定量的な事実で語ること。それにより再現性を生むこと。 ④プロである 自走できて成長意欲が高くいま目の前にあることをしつこくやりきれる。他責にしない。組織に対して価値を出せること。 弊社にはこれらを一緒にできる若くて優秀なメンバーが集っています。そしてこれからもそうありたいと思っています。