1
/
5

【CEOインタビューその2】アクトビ創業期について聞いてみた

テクノロジーとビジネスの両軸を兼ね備えた人材が集まる組織を作る。

そんな組織の創業者である藤原良輔にインタビューを行うCEOインタビューの第一弾。

第2回目はアクトビの創業期についてインタビューしました!

プロフィール

株式会社アクトビ 代表取締役 CEO                                   藤原 良輔 (ふじはら りょうすけ)

1987年9月22日 大阪生まれ 自動車整備の専門学校を卒業。
メルセデス・ベンツ正規ディーラーにてメカニックとして勤務。メルセデス・ベンツ公認メカニック2級を取得後、退職し個人でダイニングバーを開業。その後、プログラマを志し東京のSIer企業へ転職。複数のiOS/Androidアプリ受託案件やIoTサービスの立ち上げを経験。アプリケーションエンジニアとして主にiOS/Androidアプリを企画からローンチ、運営までを一人で経験する。同時にマーケティング、サポート業務も経験。 その後、コンサルティングベンチャー企業を経てフリーランスエンジニアとして独立。地元大阪へ戻った後、2018年2月 ACTBE Inc.設立。

その1はこちら

マンションの一室からのスタート

__さて第2段です!よろしくお願いします。前回は創業までのお話をいただきました。今人数もかなり増えて順風満帆に成長しているなというイメージですが、創業時はやはり大変でしたか?

いや、順風満帆じゃないっす全然。。大変でしたね(笑) どこの会社も創業時って大変だったと思いますが。

アクトビの場合は、今までに大きく3つのフェーズに分かれているかなと思っていて、まずはph01.超創業フェーズですね。2018年の2月に法人登記はしたんですが、創業時の事業計画で、「受託開発事業・コワーキングスペース事業・事業開発」この3本の柱でいくというのは決めていました。

3期目までで、受託開発の体制を構築する。そのためには、優秀なフリーランスを集めてスピード感を持って実績を積み上げていく。4期目以降で事業開発を仕掛け続けていく。

このプランは設立前の計画から今も大きく逸れていません。

受託の体制をつくるにあたって、設立したての会社に最初から優秀な正社員なんか入社してくれないのはわかっていたのと、私自身がフリーランスとして活動していて大阪のフリーランスの方って優秀だなと思っていたので、その優秀なフリーランスの方と協力してソッコーで実績つくっていこう!と思っていたのです。

ただ、第一の壁。コワーキングスペース兼オフィスの物件が半年間決まりませんでした。。

事業計画では、2月に設立して、4月にはコワーキングスペース兼オフィスができていて、フリーランスメンバーも増えている状況を想定していたのですが、設立したての会社にオフィスって貸してくれないもんなんですね。。。結局今のオフィスを見つけてコワーキングスペースがオープンしたのは半年後でした。。

当時の記事


その半年間は正直かなり地獄でした。

登記してしまっているもんだから、売上作らなきゃいけないので私も週5で準委任のアプリ開発案件に入りながら、営業資料やらコーポレートサイトやら物件探しやら社内システムの構築やら・・本当に寝てなかった気がします。


__以前のインタビューでCTOの石村さんはこの時期から参画していると聞きました。

関連記事


そうですそうです。まだオフィスができる前ですね。設立直後に知人からお祝い案件というか、仕事のお話をいただきました。でも請負で受けられる体制があるわけがないので、SESみたいな請け方ならできるかなと思って。フリーランス時代にたまたまイベントで一緒に登壇したことがあった石村にメッセンジャーしました。

今見返すと一ヶ月返事なかったみたいですね (笑)

心斎橋の喫茶店で契約したのを覚えています。フリーランスのイベント以来連絡すら取ってなかったのに、いや、まじでよく参画してくれたなと・・・・

そこで晴れて2人目のアクトビエンジニアが入ったというわけです。完全に案件紹介って位置づけでしたけど、会社としてはキャッシュフローのため協力してください!というお願いに近かったですね。

晴れてオフィス開設

__受託開発として案件開始したのはオフィス開設してからだったんですか?

はい。さすがにオフィスもない会社に請負の依頼は出さないし、エンジニアも集まらないですし。

7月にようやくオフィス兼コワーキングスペースが完成して、そこから一気に受託の案件を請け始めました。案件紹介だけのような案件を辞めて、提案から運用までをカバーする案件に切り替え開始です。

オフィスもできて、Wantedly登録して、イベントして・・をしていると気付いたら優秀なフリーランスの方々が集まってくれて。この一期目の終わり頃には、数字こそ良くなかったものの、軌道に乗れそうな手応えを感じられるまでにはなりました。

このときはまだ私もしっかり案件に入っていましたが、経営ってほどすることもなくて、(本当はあったんだけど案件に必死で気付いてない) みんなで楽しく開発していたって印象です!

今でこそアクトビは新規事業の開発案件や、DXのコンサルティング等が多く、ソフトウェア領域のプロとしてかなり上流から入らせてもらえる案件をやらせてもらってますが、当時は4ページのサイト制作や、資料作成の案件等とにかく来るお話は全部請けてました。もちろん赤字の案件もいくつかありました。(笑)

最初の社員の大野くんは知ってるかな (笑)

大野さんのインタビューはこちら


徐々に組織へと

__赤字の案件もあったんですね。その後、この3年で急成長された要因ってなんでしょうか?

急成長しているなって実感はなくて、まだまだ創業フェーズ続いているなって気持ちですが・・・2期目の最後に、石村がCTOとしてフルで参画してくれて、私が案件に入らないような体制づくりに注力しました。このあたりがph02.創業後期フェーズって感じですね。

CEOとCTOで明確に役割を分けたことで、事業成長を俯瞰的に戦略的に進められるようになりました。この3期の成長は大きかったです。社員もきちんと採用できるようになってきて、DX UnitとしてSalesforceに特化した部門を立ち上げたり、新規事業構築の案件や大型の業務システム案件の引き合いがくるようになったのも3期目ですね。

この辺りのお話は、全社総会でメンバーに説明したときの資料があるので貼っておきます。社内向けなので一部黒塗りしますが。

この頃から、組織になっていった感じです。

でも、4期目の今もまだ、全然創業期だと思ってます。ph03.創業最終フェーズですね。

今は社員役員合わせて10名を超える会社になってきましたが、常に実験の繰り返しです。ビジネススキルを兼ね備えたエンジニアの組織までまだまだだなと日々反省していますし。

このコロナウイルスの影響で、案件の色は大きく変わり、DXのスピードは加速しています。そんな時代にあったクリエイターを一人でも多くこのアクトビで創出したいと思っています。

そのためにもアクトビのビジョン・ミッション・バリューは本当に正しいと思うことを掲げています。

__アクトビのビジョン・ミッション・バリューはしっかり作られていますよね。ここに関してはまた別の記事で詳細を聞かせてください!

__最後に、アクトビに興味を持っているクリエイターの方に一言お願いします!

今すぐに応募してください (笑)

アクトビは決して甘い会社ではないです!正直に。ビジネスにおいても、テクノロジーにおいてもハイレベルな仕事をするプロ集団の集まりでい続けたいと全員が思っています。

だけど、正しいことをやっているなって。全員が胸を張れる会社です。私は今経営者という立場で会社を見ていますが、元はエンジニアでたくさんの案件を見てきましたが、本当に本質的な仕事をしているなと思えるプロジェクトは数少なかった。ここはそれを作れる会社です。

まだまだ4期目の小さな企業ですが、アクトビは間違ったことをしない。そして長期的な視野でメンバーと事業を見ています。

人生で一度はこんな会社に入るのもいいんじゃないですか?

__一度は (笑) 藤原さんインタビューありがとうございました!

株式会社アクトビ's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more