1
/
5

対談レポートVol.1 【後編】CEO藤原良輔×CTO石村真一 デジタル領域のプロフェッショナル達をリードするACTBE Inc.

2018年2月の設立からACTBE Inc. を率いるCEO藤原良輔と、設立直後に最初のパートナーとして参画後2020年からCTOに就任した石村真一が、「ACTBE Inc.の今~未来」について語ります。~後編~



前編では、お二人の現状や業界に対する思いを語っていただきましたが、後編ではアクトビについての熱い思いをお伺いしました。

前編はこちら↓


アクトビが好き。一緒に働いているメンバーも頼もしい、みんなが大好き。

- アクトビとは? そしてお互いの印象は??

石村:自分から見たアクトビは、自分のフェーズというか時期によって見え方が違いますね。最初にフリーランスで参画したときは、ただの取引先のひとつでしかなかったです。

藤原:最初本当に冷たかったよね。

石村:まぁ最初は・・・正直どこの会社も参画すれば面白いので、自分の中のそのうちの一個でその枠を超えることはなかったですね。アクトビの掲げているバリューとかミッションの意味も理解できなかったです。

実際これは結構会議でも言い合いになりましたね。

藤原:なりましたね。わかり合うのにすごい時間かかりましたよ。

石村:当時はバリュー、ミッションがまず自分自身に浸透していないから、藤原さんにも突っかかっていました。でも話していったり業務の中での判断を見ているうちに理解できてきて、あ。アクトビのやろうとしてるミッションとか掲げているバリューって正しいな。って心から思える場面にたくさん出会って・・・

今では、アクトビを成長させていきたいという気持ちが誰よりも強いので、その軸で誰よりも会社のことを話し合っていますね

今は、僕は本当にアクトビが好きです。一緒に働いているメンバーも頼もしいし、みんなが大好きですね。



議論することで、決断、意思決定の精度が上がる感覚

藤原:フリーランスとして参画していた当時って石村さんが優秀なのもスキルがあるのもわかっていたし、助けてくれるのも正義感が強いのもわかっていました。案件ないけど週1で入ってくださいってお願いしました時もありましたもんね。

石村:あれは意味わからんかったww

藤原:いや、会社にとって絶対に必要な人材だってもうわかりきってたのでもう手放したくないって感じですよね。

そこから、フルタイムで参画してもらうようになって、最初のころって受注判定だったりとか、その案件のアサイン計画とか、すべてにおいてお互い判断の軸が違ったので、何か言ったらとりあえず噛みつかれるっていう感覚があったな。ただ、話せば100%理解してくれる。伝わらなかったことは1個もないですね。

僕からしたら何がわからないかわからないし、すごく時間がかかったけど、とことん話せば納得しあえる。分かり合える。今思えば会社としての一個一個の意思決定に本当に時間かかっていました。

だけど、石村さんがそこにコミットすることによって、その決断、意思決定の精度が上がる感覚を持ったのを覚えてます。

それもあって、僕からしても自分ひとりで意思決定するんじゃなくて、きちんと話してから意思決定するようにしていきました。


石村:もう今は当時と違って、藤原さんは基本的に自分が見えてない部分は全部見てくれてるという信頼があります。だから今は時間がかかるということもなく分かり合えるし、両手放しに信頼できる、誰よりもアクトビのことを考えているってわかったんですよね。


- その信頼に行き着くきっかけって、なにかがあったんですか?

石村:徐々にでしたね。

藤原:そもそもフリーランス時代の石村さんは頑固で、バリューに沿おうという人間ではないイメージでした。バリューは働くうえで働く人が大事にする判断軸です。組織として大事にしていること。それが大事だって思えないとそもそも定着しないですし、メンバーや事象それぞれに落とし込むのに時間がかかります。

そんな大事なことわかりあえてないってのが、まず最初の大きな課題でしたよね。

石村:正直、最初はうがった見方をしていたので、沿う気すらなかったです。それは間違ってると思っていたところがありました。

藤原:こちらとしては、経営陣として参画してもらう気満々だったので(勝手に)頑固とはいってられないし、そもそも自分としては、アクトビのバリューって石村さんが感じてる業界課題と方向性は同じやんって思ってたので、絶対に理解できると思ってました。とことん話しました。

石村:そうですね。実際、業務内での判断軸とかを話していくうちに、あ、正しいなって思うようになりました。

藤原:信頼関係というか今の関係性になれた大きなきっかけでいうと役割を明確に分けていった時かもしれません。2人で話して決断するんじゃなく、それぞれが同じ判断基準で意思決定できるようになったのは。

会社の方向性を検討する際に、ぼくがもう案件に入らずに、経営や先の仕掛けに専念するようにしようという方向性を固めた時ですかね。

それまでは自分も結構案件に入っていたし、それぞれが持ち案件を持っている状態だった。人を増やすにあたり少しづつでも組織化していく必要があるよねって話。

正直、アクトビとしての成果物であったり全体を通してプロジェクトの品質は今の状態を保ちたいしそれは自分自身が築いてきたものだ、自分にはそんな自覚がありました。

そういった組織を作りたい中で自分が現場を抜けて大丈夫なのかという不安がありました。ただ、石村さんだから任せてみようって思えましたね。

実際蓋開けてみると自分が案件入って現場作っていたときよりもはるかに素晴らしい組織になってますよね。本当すげぇなこの人って思ったよ。

石村:そうですね。役割分担を明確にしたころには自分の中でのアクトビのバリューやミッションはもう自分ごととしてすごい定着していて、そこを軸とした開発組織を作ろうと思ったタイミングですよね。

アクトビのバリューは働いてみて本質的にわかること、気づける部分があります。それがカチッとはまった時、自分の中での軸はぶれなくなりました

アクトビって正直、青春だと思う

- アクトビのカラー、カルチャーを教えてください

藤原:今社内での流行になってますが、多分アクトビは体育会系なんでしょうね (笑)。それは徹夜しろとか、残業している奴がえらいとかではなくて (笑)。

石村:それはないですね。

藤原:体育会系ってめっちゃ聞こえ悪いけど・・・僕らが言っている体育会系というのは、ちゃんと真正面から仕事と向き合えているかどうかだと思う。

このフェーズのアクトビに関わる人たちにはきちんと正しく前を向いていてほしいし、夢中になって働き続けられる組織でありたいと思っています。人生の中で働いている時間はすごく長いわけで、その働いている時間をただただお金を稼ぐために過ごすんじゃなくて、人生としてとらえてほしいんです

石村:このフェーズのアクトビって正直、青春だと思います。

藤原:え。ださない。

石村:いや、この会社を大きくしていこうぜって熱い感じが僕は青春だなと。この感情を持ってくれるか持ってくれないかって大事だと思います。

組織としてのルールは必要だけれども、例えば朝早く来なきゃいけないとか、そういうのは無いですし。

藤原:朝は石村さんが参画してからみんなの時間の概念がなくなったのよ (笑)

石村:いや、そうゆう意味じゃなくって (笑) ようするに、それって本質的なん?って観点って意味の体育会系。

例えばお客さんが、朝一番にどうしてもっていう予定がある場合はそれは必要なことだけれども、毎日朝9時に出社することが生産性が上がるのかっていうとそうじゃないじゃないですか。自分のやりやすい時間があると思うので。そういう意味では体育会系じゃない。

藤原:まぁそうですね。体育会系の軸としては、ただ、マインドというか、本気なだけ

石村:青春という言葉が一番しっくりきますよ。いろんな会社がある中で、何でアクトビに入れ込むねんっていう話です。僕個人でいうと、お金だけの話だったら、フリーランスのほうが稼げるし、仕事に困った経験はないです。だけど、アクトビがいいっていうのは青春なんです。しんどくてもアクトビで頑張れるのはみんな好きだし、青春だから。

藤原:そうやって思えてるって素敵だと思うけど、青春って言葉しっくりこないわ (笑)

まぁでも、せっかくこのフェーズで成長している過程の会社なので、僕は組織が大きくなっていく過程をみんなで楽しみたいです。それは共有していきたいし、いつまでたってもそういう文化は作っていきたい。全員経営に携わってほしいし、雇われではなくて、みんなで楽しく成長していきたいです。もちろん僕も経営は初めてなわけで、毎日実験の繰り返しですよ。

石村:本当に。このフェーズにしか学べないことってたくさんありますよね。

- どんな人がアクトビにフィットしますか??

石村:ルールがない人

会社員だからこうあるべきだとかが無くて、そういうところに疑問を持ている人。長いものに巻かれないからこそ、そこから外れた行動を取るからにはハードルが上がると思いますが、そのハードルに立ち向かおうとしている人はフィットすると思います。

藤原:会社の組織がフラットなので、あたりまえのように言いたい人に言いたいことを言える環境なんですが、そこできちんと言える人何かに対して思うことがある人

気づいて、なんでこれこうなってるんやろ?って思える人。

それを変えたい、変えなきゃって思う人

自発的に疑問を抱ける人。今のフェーズではこれですね。



-- 青春真っただ中 (笑) のアクトビです!!興味がわいたら是非、一緒に働きませんか??


Web Engineer
旬な技術を追いかけ続けるプロフェッショナルエンジニア募集!!
私たち「株式会社アクトビ」は、デジタル領域のプロフェッショナルとして、デザインとテクノロジーを駆使し、クライアントのDX支援、もとより経営課題の解決を行うクリエイティブプロダクションです。 ただ依頼内容を制作、開発するだけでなく「インターネット販売で売上を伸ばしたい」「社内業務を効率化したい」「自社のアセットを使って新規事業を創出したい」「採用を増やしたい」などのクライアントのあらゆる経営課題に対して、アイデアをいちから企画、設計し、課題の本質を問い、自分ごととして考え続けることでよりスピーディーな課題解決方法をクライアントのパートナーとして作り続けていく。 そんな組織です。 ■事業内容■ ▶ System, Design Partner 事業 └ DXコンサルティング └ ソフトウェアの企画 / 開発 /運用 └ UI. UXデザイン └ デジタルマーケティング支援 ▶ Business Development 事業 └ プロダクトの企画 / 開発 / 運用 ■事業の展望■ 優秀な人材が集まる会社をつくり、受託事業と平行しながら新たなサービスを短いサイクルでローンチできる会社を目指しています。アクトビはこれからもサービスを開発し続けます。
株式会社アクトビ


salesforceエンジニア
DxUnit立ち上げ!Salesforceエンジニア/PM大募集!!
私たち「株式会社アクトビ」は、デジタル領域のプロフェッショナルとして、デザインとテクノロジーを駆使し、クライアントのDX支援、もとより経営課題の解決を行うクリエイティブプロダクションです。 ただ依頼内容を制作、開発するだけでなく「インターネット販売で売上を伸ばしたい」「社内業務を効率化したい」「自社のアセットを使って新規事業を創出したい」「採用を増やしたい」などのクライアントのあらゆる経営課題に対して、アイデアをいちから企画、設計し、課題の本質を問い、自分ごととして考え続けることでよりスピーディーな課題解決方法をクライアントのパートナーとして作り続けていく。 そんな組織です。 ■事業内容■ ▶ System, Design Partner 事業 └ DXコンサルティング └ ソフトウェアの企画 / 開発 /運用 └ UI. UXデザイン └ デジタルマーケティング支援 ▶ Business Development 事業 └ プロダクトの企画 / 開発 / 運用 ■事業の展望■ 優秀な人材が集まる会社をつくり、受託事業と平行しながら新たなサービスを短いサイクルでローンチできる会社を目指しています。アクトビはこれからもサービスを開発し続けます。
株式会社アクトビ
株式会社アクトビ's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more