1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

リモートワークでも教育に力を入れる     Acroquestのやり方 ~ Part 3 ~

このシリーズでは、全3回にわたり、アクロクエストが2020年4月からリモートワーク体制となった中で
どのように社員教育を行っているのかを紹介しています。

前回の「リモートワークでも教育に力を入れる Acroquest のやり方 ~ Part 2 ~」では
リモートワーク環境であっても、効率的な仕事の進め方に関する教育や、
エキスパートとなるための教育を行うための仕組みについて紹介しました。

今回はPart3として、社員の人間力を高めるための教育システムについて
紹介したいと思います。


エンジニアに必要なものは「人間力」

技術スキルを高めることにより、
プログラミング、設計といった仕事のレベルが上がります。

しかし、それだけではビジネスを進めることはできません。
顧客とコミュニケーションや場合によっては交渉を行うことが必要ですが
会話力や交渉力は、なかなか座学だけでは身につきません。

アクロクエストでは、エンジニアにこそ「人間力」が必要である、と考えており、
最も重要視しています。

※人間力とは?
アクロクエストでは、「この人と一緒に働きたいな」と相手に思われるような、人間的魅力やスキルのことと考えています。

この人間力を高める研修とはどのようなものでしょうか。。。?


人としての成長を加速する「リモート・プロフェッショナル研修」

アクロクエストでは、社員が技術スキルだけでなく人間力を高めることを目的として
プロフェッショナル研修」というカリキュラムを行ってきました。


(リモートワーク以前のプロフェッショナル研修の様子)

プロフェッショナル研修では、参加する社員が話し合いたいテーマを
各自、自由に持ち寄って何らかの結論を出す、会議形式の研修です。

実際のテーマを一部ご紹介すると。。。

・若手の指導方法をどのようにしたらよいか?
・プロジェクトミーティングの質を向上させるにはどうしたらよいか?
・実際の仕事での交渉のケーススタディ

というように、実際のビジネスで起きている問題に基づいたテーマが多いですね。
実は、これらのテーマを話し合う中で頻繁に登場するのが、「気遣い」とか「誠実・不誠実」といった考え方です。ビジネスの中でどう勝ち抜いていくかということばかりを考えるわけではありません。
この点が参加者の人間力を鍛える研修と言えるポイントです。

(オンラインでのプロフェッショナル研修の写真)

さらにこの研修の講師は、経験豊かな当社の社長、副社長が直々に担当しています。

「そういう考え方だと、顧客との交渉は難しいね~」
「こう伝えれば、若手にもうまく伝えられるはず!」

などなど、、、マネジメントに必要なマインド、メソッドも叩き込まれます!

リモートワーク体制となってからも、この研修カリキュラムを
「リモート・プロフェッショナル研修」として、
オンライン会議システムで実施しています。

参加した社員からは、

「言いなりではなく、顧客に質問をぶつけ、コミュニケーションを取れるようになった」
「部下教育の方法について、本人と話し合い、解決できるようになった」

といった声が上がっており、ビジネスの成果に直結していることがわかります。


まとめ

ここまで、当社記事「リモートワークでも教育に力を入れる Acroquest のやり方」を読んでいただきありがとうございました。

リモートワークでもオンラインで
人間力・仕事力・技術力を高めるアクロクエストの教育システムについて
全3回にわたり紹介させてもらいました。

リモートワークが長期化し、社員の成長の機会が失われるのでは?
という声も多い中、アクロクエストはリモートワーク体制となってからも変わらず、むしろオフライン体制の時以上に、活発に教育に力を入れています。

アクロクエストについて、もっと知りたいという方はぜひこちらにアクセスをお願いします!

会社公式ホームページ https://www.acroquest.co.jp/

新卒採用ホームページ https://recruit.acroquest.co.jp/

Acroquest Technology株式会社's job postings
20 Likes
20 Likes

Weekly ranking

Show other rankings