1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

「どん底を経験したからこそ、やり抜く力がついた」 入社2週間でリーダーになった石井の、意外な過去に迫る | 社員インタビューvol.6

こんにちは、タイミー広報の加藤です。今回はアカウントマネージャーチームを率いる石井への社員インタビューをお届けします。

転職の決め手は、タイミーのサービスに惚れたこと

ーまずは簡単に自己紹介をお願いします
石井ジュリです。タイミーではアカウントマネージャーチームの責任者を務めています。タイミーの前は、求人検索サイトを運営するindeedで2年間働いていました。


ーアカウントマネージャーとは何をしている部署なのでしょうか?
タイミーの導入店舗をアクティベートし、継続利用へ導く部署です。カスタマーサクセスが本社とかけ合う部署だとしたら、アカウントマネージャーは現場(店舗)とやり取りをする部署になります。企業に導入していただいても、結局現場の方に使っていただかないと意味がありません。現場の温度感を高めることをミッションとするのが、アカウントマネージャーになります。


ー前職では何をされていたんですか?
クライアントにindeedを活用いただくために運用説明などのサポート業務を行なっていました。今のアカウントマネージャーに通ずる業務内容でしたね。


ータイミーへの転職の決め手は何ですか?
タイミーのプロダクトと会社のビジョンに惚れたことです。「一人ひとりの時間を豊かにする」をビジョンとしてはっきりと言葉にしているのがいいな、とはじめに思って。自分も時間を無駄にしたくないタイプなので。そこを大事にしているサービスだという部分にすごくマッチしたなと思います。


タイミーのプロダクトで、世界へ

ー留学経験があって、海外での勤務に興味があると聞いています。転職活動でそこは重視されましたか?
たしかに、将来的に海外に行きたいとはずっと考えています。ですが、まずは自分ができることを増やすことが先なのかな、と考え転職先を選んでいました。


ータイミーでも今後海外進出の話がありますが、興味はありますか?
もちろん、海外進出を目指している点もタイミーの魅力の一つでした。一番最初の面談でも是非そこに参加したい、とお伝えしています。自分も前に海外で働きたいと思っていた時がありまして、タイミーのようなサービスがあれば絶対使っていたなって思ったんですね。それが今、日本にあって海外に出ようとしていると。自分がユーザーとして使うよりは、作る側になったら絶対面白いなって考えました。タイミーのプロダクトで世界へ行きたい、という思いがあります。


ーアカウントマネージャーとして日々どのような仕事をされているのか、具体的にお聞かせください
先ほども述べましたが、アカウントマネージャーは導入店舗を継続利用へと導くチームです。まずは何度もやり取りを重ねて、店舗さんの人手不足の状況をより詳細に把握していきます。その次に他の導入企業の成功事例などを参考にお客様へ改善策をご提案し、より良いタイミーのご利用へと導く業務です。一店舗を成功に導くことで系列店の利用にも繋がっていきますし、やりがいを強く感じます。今はそうした成功事例や課題解決の方法をストックしていっています。


ーその蓄積ってタイミーにとって大きな財産ですよね
そうですね、これからどんどん活かしていけるんじゃないかと思います。タイミーの利用状況って、店舗によって全然違うんですよね。
昔はたくさんお使いいただいていたけど今はめっきり、の店舗。導入したばかりで使い方が分からない店舗。とりあえず導入してみたもののシステムをよく理解していない店舗。本社はやる気あるのに店舗は全然乗り気じゃない…みたいなケースもあります。そういったもの全てを、電話でのコミュニケーションで把握していっています。
また、私たちしか知りえない店舗のデータをマーケティング部と共有しています。メルマガを打つなどの施策を部署共同で思案し実施することで、店舗の不安解消につなげています。


アカウントマネージャーには内に秘める負けん気が強い人が多いです

ー昨年12月のスーパーフラット賞の受賞が印象深いです。受賞に至った理由として、何があると考えられていますか?
チームリーダーを任されたので、誰でも発言できる環境を作ろうと意識しています。無理やりにでもみんなが発言できるように、たまにアクティビティをやったりとか。
また相手が年上でも年下でも、役員でもアルバイトでも、自分の意見をしっかりと伝えるように心がけています。お互いに助け合ったり意見を言いあったりと、良い方向に変わっているのが目に見えてきて嬉しいです。


ーチームができたタイミングとジュリさんの入社時期って、そんな変わらないですよね
入社前は将来的にいつかはマネジメントの方を任せるっていうのを言われてて、後々の予定だったんです。でも入って二週間くらい経った時に、(マネジメントの方も)お願いしたいって言われて。経験も知識もそこまであるわけではなかったので、手探り状態になると思われますがそれでも良ければ...!という感じでした。やる気があればやらせてもらえる環境であることを実感しましたね。
社内各チームにはそれぞれのカラーがあると思うんですけど、メンバーに合うようなチーム作りをしようと思っています。
アカウントマネージャーのチームは、個人でやっていけるタイプの人が多いんです。まとまりがないわけではないんですけど、ガチガチにエイエイオーみたいな感じでもなくて(笑)なので、「みんな一緒にやってこ!」みたいなのをしつこく押し付けるつもりはありません。そこはチームのメンバーを見ながら、考えながらやってますね。


ーアカウントマネージャーにはどんな人が多いですか?
内に秘める負けん気がある人たちだと思います。カスタマーサクセスとかセールスは「やっていき!」がすごい出てる人たちじゃないですか。対してアカウントマネージャーは一見平和主義者でしょう。でも実は、ちょっと詰めるとすごい負けず嫌いなところが出るメンバーが揃っているんです。内に秘めたるやっていきの心をコミュニケーションを通して引き出すのも、リーダーの役目だと思っています。


ーアカウントマネージャーに求める人材は?
アカウントマネージャーの仕事って、臨機応変な対応を求められることが多いんです。なので、柔軟性がある方が合っているんじゃないかなと思います。店舗とのやり取りの中では、営業能力やコンサル能力、サポート的事務能力も全部必要になってくるんですよ。枠にとらわれずなんでもやるというか。
または、そういった能力を貪欲に身につけていこうとする成長意欲が強い人が合っているなと思います。タイミーは、会社としてもそうですし、個人としても大きく成長できるような環境なので。私自身も、やれるところまでやろう!という気持ちでいます。

石井へ質問したいことをチームメンバーに募集し、本人にぶつけてみました!!

ー理想のリーダー像は?
相談事があれば気軽にできるような、身近な存在であることが理想のリーダー像です。
「頼られる存在」を目指して、一人でガンガン突き進んでいくことで、周りとの壁ができてしまうのは避けたくて。上から威圧するというよりは、どちらかといえばみんなで一緒に成長していける雰囲気作りをしたいなと思います。業務が個人プレイなので、だからこそコミュニケーションのとりやすい環境を作ることが私の役目だと思っています。
今、「詰めキャラ」みたいなキャラ付けをメンバーからされていて、いじられてるんです。「厳しい事言うのはジュリさんの役目だから!」みたいな(笑)そういった空気作りも、リーダーとして率先してやっていきたいですね。


ー平日定時後は遊びまくってるそうですが...?

どこ情報だ?!それ!(笑)
たしかに、予定は入ってます。会う友達が多いだけです!交友関係は広く深く行きたいタイプなので、あらゆるコミュニティーの友達とご飯に行っています。
タイミーは夜型のメンバーも多いので、最近は夜に予定を入れられていないんです。朝型に変えていこうっていう提案はしてるんですけど、みんなヤダ!!って(笑)

人生を変えた、どん底の経験

ー友達からはどんな人だね、と言われることが多いですか?
クレイジーだね、と(笑)
どん底から吹っ切れてテンション上げるまでの速さが速いんです、本当に。留学しようって決めたのも、どん底から瞬時に這い上がった結果というか。


ーというと?
留学に行くとした決め手が、国立大学の受験に失敗したことなんです。センター試験の自己採点で、数学が27点で。そこで一回どん底に落ちました。その時点で普通だったら浪人とか私立受験への変更とか、いろいろ選択肢があると思うんですが、私の中にはなくて。
元々留学に興味があったっていうのもあり、海外の大学に行く案が急浮上してきたんです。そこから海外の大学に行く方法をネットで調べ始めて。センター試験翌日には、語学学校の資料請求をしました(笑)

留学後も色々ありまして。
向こうで大学を卒業するのが経済的に厳しくなって、日本に戻ってきたんですね。アメリカに戻るためにお金を貯めようと思って、工場で仕事を始めたんです。最初の1年はずっと気持ちが死んでて...
ただ、プレス機の轟音が鳴り響く臭い汚い工場で働いた経験なんて、同世代の中で自分にしか語れないなって思って。考え方を変えたら楽しくなって、吹っ切れたんです。
その中で、アメリカに戻るのが現実的に厳しいことが分かり、オンラインでアメリカの大学に行くことにしました。フルタイムで働きながら勉強していたこの期間が、人生で一番つらい期間でしたね。でも大学を卒業することは絶対的目標で、仕事と勉強の両立は自分の中である意味義務だったんです。確かに辛い期間ではあったけど、達成して、indeedにも就職できて。
今では「意外とできたな、思ったほどきつくなかったな」と思えるし、根性とやり抜く力は身についた気がします。どん底から這い上がる経験がなければ今の私はいないだろうし、人生って面白いですよね。

タイミーとは??

「この時間なら働ける」人と「この時間だけ働いて欲しい」企業をつなぐ、スキマバイトアプリ「タイミー」を提供しています。
公式HP: https://timee.co.jp/

株式会社タイミー's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more