1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

会社の名前『ムーブエモーションズ』は、そのまま会社の理念でもあります。仕事をする上で、最も大切にしたい想いです。
オフィスの様子です。採光の良い環境で、一人一人のデスクも広々としています。
私たちMove Emotions(ムーブエモーションズ)は、法人のクライアントさんが抱えているお悩みや課題を、映像を使って解決するための映像制作会社です。 クライアントさんから相談される悩みや課題は様々です。 ・ブランドとして認知されたい ・この新商品を売りたい ・いい人材を採用したい など。 これからの課題に120%応えられる映像とはどんな映像なのか?を考え、真摯に向き合い、最終的に映像という成果物へとつなげていきます。 企画や撮影、編集まで映像制作の全ての過程を自社で提供していますので、自分から提案をしたりと、一つ一つの仕事により思い入れを持って、取り組んで頂けると思います。

Why we do

広いデスクに座り心地のいい椅子で制作に集中できるよう、制作環境も大切にしています。
私たちが手がけた北欧のブランド時計のプロモーション映像の一コマです。
世界中のあらゆる企業や人に存在する共通の悩みや課題。 それは『コミュニケーション』です。 相手とのコミュニケーションがうまくいっていないから、物が売れなかったり、人との争いごとが起こったりします。 私たちはこのコミュニケーションにおける様々な課題を、もっともうまく解決できる媒体は、映像だと信じています。 なぜ映像がもっともうまく解決できるのか。 それは、人の感情に訴えることのできるツールだからです。 人はロジカルな側面だけではなく、感情があります。感情が動かされたとき、初めて心から相手も共感し、理解することができます。 映像は言葉を介さなくても、相手に伝えることのできる万国共通のコミュニケーションツールです。 つまり世界中の人々に向けて発信できるツールなのです。 この映像というツールを使って世界中の課題を解決し、今よりもっといい世界にしていきたい。 それが私たちの願いであり、 私たちは、映像の可能性を信じています。

How we do

会社の10周年の際、社員と社員の家族と一緒に、皆で旅行に行ったときの写真です。
オフィス内のミーティングスペースです。書籍は常に制作に関係のある最新の情報に触れられるよう、定期購読を利用したり、新しい書籍を頻繁に購入するようにしています。
私たちは映像でコミュニケーションの課題を解決する上で、映像制作の工程における全てを整える必要があると感じています。 そのため、私たちの会社ではプランニングや撮影現場でのディレクションを行うディレクターや、 撮影時に実際にカメラを回すカメラマン、 撮影した映像をまとめあげていくエディター、 映像が伝わりやすいものになるように、きちんと機能するように考えるデザイナー がいて、各自がその分野のプロフェッショナルになれるよう、分業によって能力を磨いています。 またコミュニケーションの課題を解決するプロセスは、物事をシンプルにしていく過程でもあります。 あれもこれもと伝えようとするのではなく、伝えたいことを一つに絞り、一番伝えたい人に、シンプルに伝えていく。 そのためには、自分たち自身が常に頭の中をクリアにし、精神的にも環境的にもシンプルに過ごすことが大切だと考えています。 ですので私たちのオフィスのコンセプトもシンプル。 物を可能な限り排除して、採光の良い心地よい空間で仕事をすることを心がけています。