1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

地域中小企業の経営者の右腕として経営革新に挑戦する「ホンキ系インターンシップ」
右腕として働きたい若者と、右腕人材を採用したい企業を繋ぐ就職・採用伴走サービス「ミギウデ」
わたしたちは、岐阜県に拠点を置くNPO法人です。 地方都市における起業家的人材育成をきっかけにしたまちづくりのロールモデルを確立し、 モデル展開を通じ地域活性化を全国的に進めています。 ・大学生を対象とした実践型インターンシップ事業「ホンキ系インターン」 ・地域の右腕人材に特化した就職・採用支援事業「ミギウデ」 ・社会人を対象としたプロジェクト型兼業マッチング事業「ふるさと兼業」 ・社会人のプロボノや兼業をサポートする 「シェアプロ」 (社会人版インターン) この4つの事業をコアとして、「様々な分野での経験を積みたい」若者と、「経営革新に取り組みたいが担い手がいない」地域の魅力的な中小企業とを繋ぎ、地域企業の経営革新にともに取り組んでいます。 http://gifist.net/ 挑戦する若者を支え、コミュニティを育くむ伴走者として、地域内の人や資源を最大限利用し、若者に挑戦の機会を提供します。 私たちの活動を通じて、地域資源を活用し、既存の社会課題や停滞した状態に対してイノベーションを起こす存在が生まれ、岐阜地域を中心にした、チャレンジでつながるコミュニティを形成し日本で最もチャレンジにやさしいまち・岐阜を目指しています!

Why we do

地方都市の中心市街地の衰退、過疎化、地場産業の地盤沈下、少子高齢化。 そして、都市部への一極集中の加速は地域からの前向きで優秀な人材の流出を招き、地域コミュニティ形成と発展のために最も重要な人材不足課題。 この様な状況の中で、自ら手を挙げ、行動を起こす、起業家思考を持った前向きな若者は、地域活性に必要不可欠だと考えています。 強い意思と、これまでのしがらみにとらわれない柔軟な発想を持ち、提案だけにとどまらず、実現を伴った変革に向けての躍動感のある活動を展開することこそが、私たちの存在価値だと考えます。 地域社会に求められるのは、個々の思いや問題意識から課題や目標を設定し、主体的に行動をおこす個人と、その人たちのつながりです。私たちは未来を担う若者に対し、実社会に触れ、世の中で活動する機会を提供する中で、そんな人を育んでいきます。 そんな想いから、新たな取り組みを始めています。 企業の新しい挑戦に、大学生でも社会人でもプロジェクト型で参画できるプログラム「カケタス」と、#さよなら就活プロジェクトをスタートしました。 カケタス(https://gnet-intern.net/) #さよなら就活プロジェクト(https://byebye.jp/) #さよなら就活プロジェクトは、持続可能なキャリア開発(Sustainable Career Development)をコンセプトに、全ての若者がもっと多様に社会と関わり、キャリアを自律的に積み上げていける仕組み作りを推進するプロジェクトです。既存の就職活動の枠を超え、就活生でなくても、仕事や企業、大人と出会える機会を増やし、多様な形でキャリアを選択できる状態を目指しています。 (リアルな大学生たちとのやりとりを元にプロジェクトを立ち上げました) 既存の新卒採用のルールはスマートで、一定数の企業とも出会いやすく、ルールが比較的わかりやすく効率的だと思います。 しかし、就職活動が始まると同時に自身のキャリアを考え動くことは、キャリアの視点を狭めてしまっているのではないかとも考えています。 就職活動解禁に関わらず、社会や大人と出会い、仕事と関わることが、大学1年生からでも、もっというなら高校生や中学生からでもでき、生きる過程や学ぶ過程の中で、もっと気軽に社会と関われるようにしたいと思い、このプロジェクトをスタートしました。 1、全ての若者に社会とのつながりを 2、就職の形をもっと多様に 3、個々の強みを活かせる選考の形を 4、差別やハラスメントのない就職を 5、多様な情報と出会える機会を こうしたSCDのコンセプトに基づいて、G-netも採用を考えています。 今後説明会やイベントも実施する予定をしていますが、20卒対象学生だけでなく、大学1年生の方や高校生、社会人の方にも参加頂けたらと思っています。 また、LGBTなどのセクシャルマイノリティへの配慮もできる限りしていきます。 G-netとしても大きな変革期を迎えています。新たなG-netを共に創り上げていって頂ける方と、繋がりたいと思っています。

How we do

若者と中小企業が出会うイベントも多く実施しています。
経営革新に繋がる取り組みをプロジェクトとして設計し、担い手となる人材のマッチング、その後のフォローまで伴走します。
まず、地域をつくるべくコーディネーターそれぞれが、担当の企業へ訪問し、企業の経営革新を目指すプロジェクトを経営者とともに考えて設計します。そしてそのプロジェクトリーダーとして事業を推進していく人材を設定します。 プロジェクト内容によっては、大学生の長期インターンシップの場合もあれば、新卒者や中途人材の採用、専門性を持っている兼業人材のマッチングを進めていきます。 実際にマッチングしプロジェクトがスタートした後も、経営者・マッチングした人材・我々コーディネーターとモニタリングの場を設定したり、個別フォローに入りながら、プロジェクトがより一層加速するために伴走を続けます。 このように、日々ホンキで仕事に取り組んでいるわけですが、仕事を通じて感じる魅力が3つあります。 ①地域にあるめちゃくちゃ面白い企業を知れる 地域にはたくさんの魅力的な、面白い企業があります。ただ知られていない。隠れた企業を発掘した時のワクワク感を味わえる。しかも外部にいながら、企業の成長をサポートし、一緒に楽しめる。関わったプロジェクトが大きな成功を収めると一塩嬉しいものです。 ②挑戦するたくさんの人と繋がり、躍動感ある仕事が一緒にできる 一緒に仕事をするのは、地域をひっぱる経営者、大学・行政・企業など様々な分野のすご腕ばかり。そして目を輝かせ挑戦する若者。様々な人と一緒に仕事を仕掛ける経験ができます。 ③地域社会をよくするための未来を創る仕事ができる 自分で考え創っていく仕事ができる。その仕事が地域社会をよくする。未来を創っていく。という気概で仕事ができます。 50年、100年先を考えながら地域活性を考え、日本中の地方都市が真似できるようなモデルや仕組みを作ろうと考えています。