This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

コインチェックならではの表彰制度「MOST Award 2019」を開催しました!

こんにちは、コインチェック採用担当の今井です。

ちょっと時間が空いてしまいましたが、今回は12/24(火)に行われたコインチェックの社内表彰制度である「MOST Award 2019」の開催レポートをお届けします!

「MOST」とは??

「MOST」とはコインチェックで働く1人1人が携えるべき価値観として掲げられている4つの行動指標の略称です。
このそれぞれに則った行動をしたメンバーに送られるのが、「MOST Award」なのですが、今年は一体どなたが選ばれたのでしょうか…?

「M」賞を受賞したのはジェフさん!

まずは、「チームのパフォーマンスを最大化すべく、マネジメント力が発揮できている人」に送られる「M」賞のご紹介から。受賞したのはジェフさん!

-和田さんからの選考理由を一言!

元々ジェフのチームだけでやっていたHackDayを、UX部を巻き込み、部全体で施行。業務から離れた開発でチームビルディングやアイデア創出、メンバーのスキルアップに貢献した点が評価しました!

ここで受賞者インタビューを!

-受賞の感想を教えてください!

めっちゃびっくりしました。周りにハイスペックなリーダーが山ほどいますので、まさか選ばれると思ってませんでした。基本的には自分のグループのメンバーがやりたい・やってみたいことをまとめて幅広く実施したり、他の会社がやっていて楽しそうなことを真似したりしているだけですので、一人で賞もらうのが本当に申し訳ありません!

-ご自身で受賞に繋がったと思うポイントや出来事はありますか?

グループ内でやり出したものといえば、定期のHack Day、ロードマップ作成時期前のBrainstorming会、1 on 1 ドーナツetc…ですね。自分達で目の前の課題改善策についてクリエィティブに考えて、メンバーと楽しく議論した上で取り組めるような仕組みが面白かったかもです。

「O」賞を受賞したのは川嶋さん!

続いて、「技術力や業務解決力、企画力により会社の事業成長に繋がるような成果を出せている人」に送られる「O」賞です。受賞したのは川嶋さん!

-和田さんからの選考理由を一言!

ステラ取扱いのPMとして周囲を巻き込み、日本で初となる通貨の取扱い開始にこぎつけた点や、JVCEA後、初となるエアドロップの広報整理を行ってくれました。

川嶋さんは最初は新卒の様な形で入社し総務業務を担当していましたが、新規事業開発部へ異動し、そこで学んでここまで大きなプロジェクトをしっかり任せられる様になった事が、僕としては評価している点だと考えています!

ここで受賞者インタビュー!

-受賞の感想を教えてください!

長い時間をかけ、エンジニアを始め多くの社員を巻き込んでようやく実現した新規通貨取扱い開始だったのでとても嬉しいです!

プロジェクトメンバー一人一人が自身の業務範囲に縛られずにプロジェクトに貢献してくださった結果だと考えています。

-ご自身で受賞に繋がったと思うポイントや出来事はありますか?

コインチェックのサービスの核である「国内最大級の取扱い通貨数」に貢献できたことが大きかったと思います。 また、新規取扱い開始と同時に検討を進めたエアドロップにより取得したXLMの付与については、国内の仮想通貨交換業者として初の事例となったためいくつかの課題がありましたが、無事にお客様に付与することができてよかったと思います。

「S」賞を受賞したのはT.H.さん!

そして、「サービスの成長を考え、現在のタスクとは離れたところで今取るべき行動を改めて考えて行動にしている人」に送られる「S」賞を受賞したのはT.H.(本人希望でイニシャルで!)さん!

-和田さんからの選考理由を一言!

担当範囲外にも関わらず、LISKのstaking調査とコールド部分の先行実装を事業案が上がってから自ら手を動かしわずか5日間でこなした点や、コールドウォレットを拡張性が高くなるようリファクタリングし、新通貨対応等の新規開発のスピードアップに大きく貢献してくれた事を評価しています。

業績を伸ばしていく為に、普段の業務をしっかりやっていく事と、それだけではなく新しい発想やビジネスに着手する事が必要ですが、その後者についてしっかりやってくれた事が選考理由となります!

では受賞インタビューを!

-受賞の感想を教えてください!

こういうのって、事前に話が来るのかと思っていました。。(笑)

受賞できるとは思っていなくて本当に嬉しいです!

成果ではなく行動をこのような形で評価していただいたのは初めてなので嬉しく思います。"Surpass Expectations"での受賞ということで、期待を上回ることができたというのは自信に繋がりました。今後も積極的にチャレンジしていきたいです。

-ご自身で受賞に繋がったと思うポイントや出来事はありますか?

面白そうだと思ったことを自分で調べて実装までしてしまう勢いのよさが受賞に繋がったのかなと思います。アイデアを形にしてみることの重要さを感じました。

「T」賞を受賞したのは…?

最後に、「法令遵守に留まらず、会社全体や社会においても良い文化醸成に繋がるような行動をした人」に送られる「T」賞の発表です。

今回は…「T」ではなく特別賞としての選考となりました!

特別賞を受賞したのは関口さん!

「MOSTの行動指標のみならず、模範となるような行動を続けた人」ということで今回は特別賞枠が設けられました!こちらを受賞したのは関口さん!

-特別賞は桑島さんが選定されましたので、桑島さんから一言!

お客様ファーストを忘れず、多くのスタッフの模範となっている点、お客様から直筆で「関口様の素晴らしい対応に心が和みました」というお手紙をいただいたことが評価されました!

私共の収益は全てお客様に使っていただく事で生まれています。なので、お客様に満足していただけるサービス・プロダクトである事が重要です。また、メールや電話などでお客様が気持ちよく当社とお付き合いしていただく事が、会社としては一番高いプライオリティだと私は思っています。今回think integrityとは若干外れますが、特別賞としてこれまでの対応に対して深く感謝し特別賞として表彰したいと思います。

それでは受賞者インタビューをどうぞ!

-受賞の感想を教えてください!

2017年4月に入社しもう少しで早三年になりますが、真面目にお客様対応をやってきて、本当に良かったなと思っています!

今回は特別賞という形で賞をいただきましたが、業務管理部や法務部から多くの方にご協力いただいた結果ですので、「人に恵まれていた」というのが率直な感想です。その恵まれた環境の先に、ご満足いただけたお客様がいたわけなので、組織力が活きたなあと、素直に感じました。対応をした結果、手紙や年賀状をいただけるというのはCS冥利に尽きます。

-ご自身で受賞に繋がったと思うポイントや出来事はありますか?

カスタマーサポート(CS)の人間として、老若男女だれであっても「お客様側の立場になる、お客様の世界観を想像する」というポイントが大事です。そのポイントはずっと大切にしていることなので、お客様側の立場を考えて丁寧に愚直に対応して良かったと思います。 電話対応中に来社予約に至ったお客様については、【来社予定日の天候を調べて悪そうだったら事前に伝えておく】という点も評価いただきました。かつてのホテル勤務経験が活きたわけですが、仮想通貨業界のCSもそんなホスピタリティをもてば良いかと思っています。

みなさん受賞おめでとうございます!

他にも多くノミネートされた方がいらっしゃいますが、受賞者の皆さん、本当におめでとうございます!

次に受賞するのはこの記事を読んだ貴方かもしれない…?

コインチェックではまだまだ様々なポジションで働いていただける方を募集しています!気になった方は是非チェックしてみてくださいね!

コインチェック株式会社's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more